知っておきたい!紫外線が吹き出物に与える影響とは

51HUPTkHyv紫外線がしみやしわの原因になることはよく知られています。
肌に害があることは皮膚がんの原因として医学的にも証明されています。
しかし、紫外線が吹き出物に悪い影響を与えることあまり知られていません。
何もつけないで自然にしておくのが一番と思っていたのに、皮膚科で治療してもらったら、日焼け止めかファンデーションをしっかりつけるよう勧められて驚いたという話は少なくありません。
紫外線が肌にあたると、皮脂を酸化させます。酸化した皮脂は皮膚に強い刺激を与えます。
この刺激から身を守ろうとして皮膚は角質を厚くします。そうすると角質で毛穴が詰まりやすくなり吹き出物やニキビの原因となるのです。
また、吹き出物の原因となるアクネ菌は、紫外線に当たると肌トラブルを誘発する物質ポルフィリンを分泌するので、炎症などを引き起こしニキビが治りにくくなってしまいます。
さらに、紫外線にあたるとメラニン色素が大量に分泌されるので、吹き出物やニキビの跡がきれいに治らず色素沈着してしまうことがあります。

それで、適度に皮脂を落として肌を清潔に保つのはニキビ予防の基本としてよく知られていますが、その基本のケアにだけではなく普段からのUVケアも加えるならより効果的にニキビ予防ができるのです。

吹き出物対策に使える!?炭酸パックの秘密とは

51qYqqYh-300x300炭酸パックの秘密はニキビ・吹き出物対策にも使えるということです。
ニキビは肌の新陳代謝を促すことで治すことが出来ますが、その新陳代謝を促す働きをしてくれるものの1つに炭酸パックがあります。炭酸パックをすることで炭酸が皮膚に浸透するので、肌の血行を良くしてくれるのです。
血行が良くなると、美肌をつくるのに必要な酵素や栄養素が十分、肌に行き届くようになります。
酵素は肌づくりの再生を促してくれるため、新陳代謝がよくなり、ターンオーバー力も高まっていくのです。ニキビ・吹き出物の原因は、肌の汚れや古い角質である事が多いです。
ターンオーバーが良くなる事により、肌の汚れや古い角質が除去され、新しい肌に生まれ変わりやすくなるのです。
そのため、ニキビ・吹き出物は出来てもすぐに治りやすくなりますし、原因である汚れや古い角質が除去されるため、ニキビや吹き出物になりにくい肌になることが出来るのです。

また、この炭酸パックはニキビや吹き出物が出来てしまった痕の黒ずみや赤み、デコボコ痕などにも、効果があります。ターンオーバー力を高める訳ですから、新しい肌になることにより、デコボコ痕や黒ずみ、赤みも消してくれるのです。
このように、炭酸パックはニキビ対策に使うことが出来ます。

吹き出物の種類別に異なる!白ニキビの特徴

61qgtGZswfL._AA1261_-300x300気づくとぽつぽつと肌に出来ている吹き出物やニキビ。吹き出物・ニキビには白、赤、黒、など、色で呼ばれることが多くあり、それぞれ異なった特徴を持っています。
白ニキビは、直径1~3ミリ程度、古い角質や皮脂が蓄積され、毛穴がつまってしまっている状態を呼びます。
そのため、皮脂がスムーズに排出されず、毛穴が広がり、皮膚が盛り上がっていることもしばしばみられます。
まだ白ニキビの段階では炎症が起きていないのですが、菌の繁殖により炎症を起こしてしまうこともあり、その状態を俗に赤ニキビと呼んでいます。
白ニキビが出来てしまったら、むやみに押したり、触ったりしてはいけません。このままで良くなれば大きな問題はありませんが、汗やほこりなど、悪化してしまう要因はたくさん存在しています。長引く場合には皮膚科を受診することが良策と言えるでしょう。
最終的に肌に跡が残ってしまわないためにも、適切な処置を行う必要があります。
その他、自分で出来るケアとしては毛穴のつまりを取るAHA配合の石鹸やローションを使用し、古く蓄積された角質をとるピーリングを行って毛穴をきれいに保つようにしましょう。
出来てしまった吹き出物やニキビを重症化させないためにも適切なケアを行い、なかなか治らない場合にはクリニックに相談しましょう。

吹き出物・ニキビ初期段階の黒ニキビの原因と治し方

kuro黒ニキビは白ニキビ同様ニキビの比較的初期のものですが、白ニキビが角栓によって毛穴の出口がふさがれてできるのに対し、黒ニキビは角栓などによって毛穴が広げられ、そこに皮脂や汚れなどがたまってできるものです。たまった皮脂は空気に触れて酸化して黒くなります。鼻の上やまわりにできやすいのが特徴です。
原因は、肌のターンオーバーの乱れにより古い角質が残り、皮脂や汚れが毛穴につまりやすくなることです。バランスの悪い食生活や睡眠不足、ストレスによる自律神経の乱れや月経前後のホルモンバランスの崩れなどがその原因となります。
ホルモンバランスの崩れは皮脂の過剰分泌にもつながります。さらに間違った洗顔やクレンジング法できちんと汚れを取りきれていないことも一因となります。
黒ニキビは生活改善と正しいスキンケアで治すことが可能です。
バランスの良い食事をし、特に肌の再生を促進するビタミンCを多く摂ること、睡眠を十分にとること(特に肌の細胞分裂が盛んになる午後10時から午前2時の間には眠っていること)、そして正しい洗顔で肌を清潔に保つことです。吹き出物やニキビ用の洗顔料をよく泡立てて丁寧に洗います。
ただし洗いすぎは皮脂を取りすぎて逆効果になることもあるので注意しましょう。

 

吹き出物・ニキビの原因と治し方、赤ニキビについて

aka赤ニキビとはつまり炎症をしているニキビや吹き出物の状態のことなので触ったり刺激を与えないことが必要です。
これがもし膿んだり炎症が進むと、いわゆる黄色のニキビ・吹き出物へと変わります。
赤くなっているとついつい中の芯を出したくなったり潰して平らにしたくなるという方は多いのではないでしょうか。
中には稀に綺麗にしんがとれて治るケースもありますが、大体が膿んでしまうパターンになるので自分での処理は避けた方が良いです。
実際に潰して早く治るようにするというケアもクリニックなどで行っているところはありますが、ピンセットなどで芯を抜き取り、消毒と鎮静をするなどと手間をかけています。
なかなかこれは自分自身でするのは難しいでしょう。
そもそも赤い状態になるにはホルモンバランスの崩れや食べ物の影響など様々な原因が考えられます。
特に女性の場合は月経前にこのように吹き出物やニキビができたり肌荒れが起きたりします。
清潔にすることと、洗顔やクレンジングの際もゴシゴシこするなどの摩擦を避けて優しく濃密な泡で洗うことが大切です。
また、サプリや果物などでのビタミンCの摂取は効果が期待できると言われているので積極的にとって内側からケアをするのも良いでしょう。

脂っこい食べ物はNG!?食生活に潜むニキビの原因

ニキビには大人ニキビと思春期ニキビがあります。
思春期ニキビは、皮脂が過剰に分泌する事が原因で年齢を重ねる毎に改善されていきます。
一方、大人ニキビはストレスや偏った食生活、睡眠不足などが原因で発生します。
51tE8Sx-300x300ですから、ストレスや偏った食生活など生活習慣の乱れを改善しないと完治しません。
完治させるにはまず、食生活から改善しましょう。
脂っこい食べ物は状態を悪化させてしまいます。
野菜やフルーツなどビタミンやミネラルを多く摂取し、バランスの良い食生活を心がけましょう。
食事はニキビや吹き出物を改善させる上で大変重要です。
また、睡眠も出来れば10時~2時の間は寝る様に心がけて下さい。
肌のゴールデンタイムと言われる10時~2時の間は肌を再生させる時間です。
この時間に眠っていると早くに改善されますので、眠る様に心がけましょう。
色々と注意を払っても中々改善がされない時は皮膚科に行く事も一つの手段です。
ニキビは皮膚病の一つです。
皮膚科で治療する事で早期に改善されますので、早くに完治させたい方は皮膚科を受診しましょう。
跡が残ってしまうと中々消す事は難しいです。
レーザー治療や美容外科での外科手術でなくては消す事が出来ない可能性もあります。
手で潰したりする事は絶対に止めましょう。

基本的な所からニキビは現れる!?ニキビと睡眠の関係

51HnHRlsqtL._SS500_-300x300お肌の調子と生活習慣は、かかわりが深いといえます。 バランスのとれた食事や、睡眠をしっかりとるなどの基本的な生活習慣が、体調やお肌を良い状態に保ってくれます。 現代人の多くは、必ずしも良い生活習慣を送っている人ばかりではありません。

ジャンクフードや外食、手軽に食べられる出来合いのものばかりになる食生活や、遊びや仕事で忙しく、睡眠不足の人も多いです。

睡眠は、脳や身体を休める他、日々のストレスや疲れをとるためにもしっかりとりたい時間です。

200夜更かしや寝不足が続くと、肌にも影響が出てくるので、美容を意識する人は特に意識して睡眠をとりましょう。

ニキビが急にできた時や、できてしまったものがなかなか治らずに悪化している時、元をたどると、生活習慣の乱れによることも多いです。 肌のゴールデンタイムと言われる10時から翌2時は、美容のためにも寝る時間にあてたいですね。

ニキビの悪化を防ぐためにも、洗顔、保湿ケアを丁寧に行い、食べものもビタミンやミネラルの多い、ヘルシーで健康的なメニューに変えましょう。

あとは、お肌のゴールデンタイムに合わせて寝るように毎日のサイクルを意識することで、ニキビに打ち勝ちましょう。基本の生活習慣、特に睡眠を意識することで、ニキビや肌荒れが起きにくいキレイなお肌がつくれます。

ホルモンバランスが乱れることで生じる肌への影響

51VV1-300x300大人になって顔にニキビができやすい人というのは、ある意味とても繊細でデリケートな人と言えるかもしれません。

大人になってからのニキビは、ストレスによるホルモンバランスの乱れによって起こることが多いのです。

特に女性は、生理前になるとホルモンバランスが乱れがちです。女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンいう2種類があります。

生理前は黄体ホルモンの分泌が盛んになり、体がむくんで肌が敏感になっていますので、ニキビや肌トラブルを起こしやすいのです。

更には、気持ちを安定させる作用のある卵胞ホルモンの分泌が少なくなるので、気持ちも不安定になりがちです。この時期は気持ちが沈み、ストレスがたまります。

ストレスが溜まると、更にホルモンバランスが乱れ、ニキビや吹き出物ができやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

この悪循環をたちきるには、ストレスとうまく付き合うことです。何も特別なことをする必要はありません。リラックスする音楽、映画、入浴など、自分に合ったストレス解消法を行ってみましょう。スキンケアも丁寧に行うとニキビ・吹き出物予防になるだけでなく、とても気持ちがよいものです。

栄養バランスのとれたおいしい食事、リフレッシュできる適度な運動も、人間の心と体を喜ばせてくれるものです。少しずつ心がけることで肌の調子もよくなり、それを喜ぶことでホルモンバランスも整えられていくという好循環を引き起こすことができるでしょう。